fbpx

【企画書の書き方】を分かりやすく解説!テンプレート付き

記事のテーマ 企画書の書き方が知りたい。サンプルが見たい。テンプレートが欲しい。そんな方に向けた記事です。

1. 企画書のタイプ

企画書は、閲覧する距離によって文字サイズが変わります。大きく分けると「文章タイプ」「標準タイプ」「視覚タイプ」の3種類に分けられます。

1-1. 文章タイプの企画書とは?

文章タイプの企画書は、1枚企画書など、内容が集約された形の企画書のことです。文字サイズが小さいため印刷用としてのみ使えます。この企画書のメリットは制作時間やプレゼン時間の短縮、一覧性による理解のしやすさなどが挙げられます。

企画書の書き方(1枚企画書)

1-2. 標準タイプの企画書とは?

標準タイプの企画書は、文字サイズが大きく、印刷用と投影用の両方で利用が可能です。最適な文字サイズは提案場所によって異なるため、一番遠くの閲覧者でもハッキリと読める文字サイズを意識して作成しましょう。

企画書の書き方(一般的な企画書の例)

1-3. 視覚タイプの企画書とは?

視覚タイプの企画書は、大きな会場でプレゼンする場合などに利用します。スライドに文章は含めず、主にキーワードとイメージ(動画)だけで作成します。文字サイズは超特大です。

企画書の書き方(大きな会場での企画書)

1-4. 企画書を作成するソフト

企画書を作成するプレゼンテーションソフトは、その機能性の高さからPowerPointが断トツのシェアを誇ります。しかし、直感的な操作性やアニメーションの美しさを重視するならKeynoteの方が優秀ですし、共有しながら作るならGoogleスライドの方が便利です。ソフトによって強みが違うので状況に応じて使い分けましょう。プレゼンテーションツール

1-5. 一般的な企画書作成の流れ

企画によって書き方も、作成する流れも様々ですが、よく利用される流れは、①目的の明確化 ②現状の調査 ③課題の整理 ④企画の立案 ⑤企画の決定 ⑥企画の詳細化 ⑦企画書の作成 です。

企画書の書き方(作成の流れ)

2. 企画書の書き方

2-1. はじめに「段取り」をする

仕事の質とスピードを上げるためにも、あらかじめ段取りをしておくことをおすすめします。企画書における段取りのポイントは「目的、相手、場所、書式、予定」を明確にしておくことです。

企画書の段取りポイント
1.目的は? 目的は案件の受注なのか?上司の承認なのか?など、相手に望む行動を明確にします。
.相手は? 相手に決裁権はあるか?どんな性格か?業界に詳しいか?など、伝える相手を明確にします。
.場所は? 伝える場所は広いのか狭いのか、モニターやプロジェクターはあるのか?など、伝える場所を明確にします。
.書式は? 企画書のサイズや比率はどうするか、スライド数はどれくらいにするのかなどを予想しておきます。
.予定は? プレゼン日から逆算し、タスクを洗い出し、優先順位、期限、所要時間などを決めておきます。

<段取りを手書きでまとめた例>企画書の書き方(段取り)

2-2. 企画書の「要素」を決める

提案書は、2w1h(なぜ、何を、どのように)といった要素だけで成立しますが、企画書の場合は、6w2h(いつ、どこで、誰が、誰に、何を、なぜ、どのように、いくらで)といった、具体的な要素が必要になってきます。

企画書の書き方(6w2h)

基本は6w2hですが、それだけでは不十分なことが多々あります。例えば「目標」や「効果」といった要素は、相手や状況によっては必須になる場合があります。相手に納得してもらうにはどんな要素を加えるべきか、下記の要素一覧を参考にしてください。

企画書の書き方(要素一覧)

2-3. 企画の「アイディア」を考える

企画のアイディアを考える方法は数多く存在しますが、大事なのは、どれだけ「早く、柔軟に」考えられるかです。これは人によって違います。紙とペンがベストという人もいれば、マインドマップを使ったほうが柔軟に考えられる人もいます。また、付箋を使って考えたほうが早い人もいれば、ひたすらテキストエディターで考えたほうが早い人もいます。いろいろと試し、自分に合った方法で企画を考えましょう。

企画を考える方法

2-4. 「アウトライン」を作る

企画が固まったらメモ帳やワードなどで一度テキスト化することをおすすめします。プレゼンツールで文章を組み立てようとするとレイアウトが気になったり修正に時間がかかるなど、結果的に企画書作成のスピードが落ちてしまいます。

企画書の書き方(アウトライン)

2-5. 企画を「資料化」する

アウトラインをプレゼンツールに組み込み、文章や全体の流れを調整します。1枚企画書などの集約型の資料にしないのであれば、一つのスライドに一つのメッセージを入れるのが一般的です。主に、結論となるメッセージと根拠となる図で構成します。図の位置は、中央か左に配置し、重要な部分以外はできるだけそぎ落とし、シンプルな見せ方にするのが主流です。

企画書の書き方(サンプルPDF)

【PDF】参考イメージ

表紙の書き方については、下記を参考にしてください。

企画書「表紙の書き方」

3. 企画書のテンプレート

3-1. マイクロソフトのテンプレート

Officeのテンプレートを「企画書」で検索する

Officeのテンプレートを「プレゼン」で検索する

1枚企画書(Word) [ワード]

1枚企画書(1)

1枚企画書(Word)の例2 [ワード]

1枚企画書(2)

template_03 [パワーポイント]

『日経ビジネスオンライン』社内企画書

template_04 [パワーポイント]

企画・提案書(ビジネス)

template_05 [パワーポイント]

販売戦略プレゼンテーション

template_06 [パワーポイント]

ビジネス戦略のプレゼンテーション

3-2. 企画書テンプレート集(有料)

無料のテンプレートじゃ満足できない!という人向けに、高品質な「有料」テンプレートを用意しました。興味のある方は是非チェックしてみてください。

企画書のテンプレート集