fbpx

企画書「表紙の書き方」とおしゃれに見せるコツ

記事のテーマ

表紙の書き方が知りたい。表紙をおしゃれに作りたい。そんな方に向けた記事です。

企画書の表紙の書き方

企画書は「社外向け」と「社内向け」で書き方が異なります。社外向けでは、誰に(宛名)向けた資料なのかを明記するのが重要ですが、社内向けでは、誰が(部署・氏名)、どこで(会議名)使った資料なのかを明記するのが重要です。一般的に使われる表紙の要素は下記を参考にしてください。

社外向け」の表紙の書き方

企画書の表紙(社外)

  1. 宛名(例:株式会社SAMPLE 御中)
  2. 自社のロゴ(例:ロゴ、シンボルマーク)
  3. タイトル(例:テレワーク推進企画)
  4. サブタイトル(例:環境の構築とシステムの導入について)
  5. 日付(例:作成日:2020年7月24日)
  6. 会社名(例:株式会社SAMPLE)
  7. 氏名(例:システムサポート部、企画太郎)
  8. コピーライト(例:Copyright © 2020 株式会社SAMPLE )

社内向けの表紙の書き方

企画書の表紙(社内)

  1. 会議名(例:4月経営会議)
  2. 書類の分類(例:社外秘、Confidential)
  3. タイトル(例:テレワーク推進企画)
  4. サブタイトル(例:環境の構築とシステムの導入について)
  5. 日付(例:作成日:2020年7月24日)
  6. 部署(例:営業企画部)
  7. 氏名(例:企画 太郎)

表紙の王道レイアウトはこの2つ

表紙のレイアウトは、タイトルを「中央揃え」にするパターンと「左揃え」にするパターンが王道です。基本的に、この2つのどちらかを使えば、おかしなレイアウトになることは、まずありません。文字情報だけでもスッキリとしていて分かりやすいですが、雰囲気を出したい時は、余白に画像やイラストを追加しましょう。

企画書の表紙レイアウト

表紙の配色は、2色選べばOK

美しい企画書は、色に統一感があります。統一感を出す最も簡単な方法は色数を減らすことです。強調度合い「中」(メインカラー)と、強調度合い「強」(アクセントカラー)の2色で表現すれば、分かりやすく統一感のある企画書になります。

企画書の配色の選び方

メインカラーの選び方

メインの色を決めるときは、下記の3つを意識しましょう。

  • 自社のロゴの色を使う
  • 聞き手の属性(性別、年齢、性格など)に合わせる
  • 企画のテイストに合わせる

メインカラーの選び方

自社にロゴがあれば、ブランディングの観点から、そのロゴの配色をメインの色にするのが一般的です。ですが注意すべき点が2つあります。それは「聞き手のことを考えているか」という点と「企画のテーマに合っているか」という点です。

聞き手に合わせるという観点でいえば、聞き手が年配の方であればコントラストがハッキリした配色を選んだほうがよいですし、もし自社の色が聞き手のライバル企業を想起させるような配色であれば、その色は避けたほうが無難です。

企画のテイストに合わせるというのは、たとえば自社の色が高級感のある配色だったとしても、子供向けの商品企画ならポップな配色にしたほうが違和感がないということです。

この「聞き手が不快にならないか」、「企画のテイストから外れてないか」という点に注意してメインカラーを選ぶことが大切です。

アクセントカラーの選び方

アクセントの色は、メインの色の反対色、または反対色に近い色を選択するとバランスが良くなります。メインが青緑であればアクセントは赤といった具合です。

赤は注意喚起の色として使われるため、赤系をアクセントカラーとし、その反対側に位置する紺、青、緑あたりの色をメインカラーにする配色は、企画書において最もオーソドックスな配色と言えます。

メインカラーとアクセントカラー

補足:表紙で無理にアクセントカラーを使う必要はありません。理由は、表紙のタイトルは、その位置や大きさで重要であることが充分に伝わるためです。強調色は企画書の中の重要なポイントだけに使うようにしてください。

配色の選定におすすめのサイト

 HUE/360

「おしゃれ」に見せる簡単テクニック

おしゃれに見せる上での注意点

「おしゃれ」かどうかの判断は見る人によって異なります。ですが一つ言えるのは、どれだけ気を使っているかが重要だということです。逆に気を使ってない部分がダサさを感じさせるのではないでしょうか。

企画書の表紙で注意して欲しいのは、重要なのは「タイトル(題名)を分かりやすく伝えること」ということです。まず、ここに気を使っていないとおしゃれとは言えません。雰囲気を重視するあまり安易に英語を使ったり、細く小さなフォントを使ったり、淡い配色にして視認性を悪くしてしまっては意味がありません。おしゃれな表紙を目指す前に、「タイトルを分かりやすく伝える」ということを忘れないようにしましょう。

1.メインカラーを使う

メインカラーを決めたら、その色の矩形や円形、多角形などをバランスよく配置するだけで表紙の印象を簡単に変えることができます。色の持つ印象を活かしたい場合は、その色の面積を大きく使いましょう。

矩形を使っておしゃれに見せる

2.フォントを企画のテイストを合わせる

企画書において読みやすさはとても重要なポイントです。Windowsであれば視認性の高い「メイリオの太字」や「HGP創英角ゴシックUB」を使うのがベストです。ただ、ブランドイメージや製品のテイストを崩したくない、分かりやすさよりも印象を重視したいという時には、別のフォントを使うのもひとつです。下記の図は例ですが、フォントを明朝体に変えるだけで繊細さや高級感を演出してくれます。

企画のテイストにフォントを合わせる

3.おしゃれな画像を使う

一番おすすめしたいのは「美しい画像を使うこと」です。デザインが苦手な方でも素早くおしゃれに仕上げることができます。今では検索すれば著作権フリーの高画質画像も無料で手に入ります。上記で説明した王道レイアウトの背景に素敵な画像を差し込むだけで、簡単におしゃれな表紙に仕上がります。ぜひ試してみてください。

表紙におしゃれな画像を使う

まとめ

  • 社外向けは、誰に(宛名)向けた資料なのかを明記する
  • 社内向けでは、誰が(部署・氏名)、どこで(会議名)使った資料なのかを明記する。
  • レイアウトは「中央寄せ」か「左寄せ」の王道パターンがおすすめ。
  • 配色は、2色(メインカラーとアクセントカラー)で作るのがおすすめ。
  • おしゃれにしたいならカラーかフォントか背景画像を使うのが簡単。

企画書のテンプレート集

「無料のテンプレートじゃ満足できない」「作っている時間がもったいない」という人向けに、高品質な「有料テンプレート」を作りました。興味のある方はチェックしてみてください。

企画書・提案書テンプレート集(パワーポイント)